人生のイチブとゼンブで遊ぶろぐ

世にもカオスなライフスタイル

トローチの効果と噛んではいけない理由


f:id:a-matsuno0503:20190302225111j:image

みなさんこんにちは、A汰です。

 

2月末に体調を崩しまして、病院で診断を受けた結果インフルエンザA型でした。

 

同じ病院に2回足を運びまして、1回目は「風邪」と診断されたのです。

 

きちんとインフルエンザの検査してくれ!

って訴えないといけないですよ。

 

そして風邪と診断されたときにですね、薬と一緒にトローチをもらいました。

 

トローチといえば穴の空いたラムネ菓子のような見た目で、ほんのり甘くて味わいがいいですよね。

僕がもらったのはミント味でした。

 

これをもらった経験がある人は「噛まずになめてくださいね」と言われたかと思います。

 

あまり詳しく説明されたことがなかったので、僕はとりあえず噛まなけりゃいいやな?ぐらいの感覚でしかありませんでした。

 

実はトローチって口に含んでなめているだけで効果があり、噛み砕いてはいけない理由があるんです。

 

■トローチの効果

なめている間はトローチの成分が口の中に広がり、風邪の症状を和らげる働きがあるんです。

 

主に風邪の症状である喉の痛みや腫れを徐々に解消してくれます。

 

ほかにも、口の中を殺菌して口臭まで消してくれる役割があるので、これらの効果を発揮するためにも、時間をかけて口の中で溶かしていくことに意味があるのです。

 

 

■トローチの正しい服用方法

トローチが口の中で溶けてから30分間は飲んだり食べたりしてはいけません。

 

理由としましては、せっかく口の中をクリーンな状態にできたのに、飲食することによってトローチの成分が一緒に流れてしまうからなのです。

 

なので、キャンディーのように噛んで飲み込んでしまっても全く効果がありません。

 

甘い味があってどうしても噛んでしまいたい気持ちが出てきますが、溶けるまで我慢しましょう。

 

 

■なぜ穴が空いているのか?

 

ただの豆知識なんですけど、穴が空いているのは喉につまらせてしまった場合の空気の通り道ですね。

 

噛まずになめていると、ちょっと気を許してしまったとたんにツルっと流れてしまうんでしょう。

 

過去に穴がないトローチで窒息する事故が多発したことが理由で穴が空いたデザインになりました。

 

■まとめ

 

・トローチは口に含んでいることで効果がある

・トローチが溶けた後30分間は飲食しないほうがいい

 

以上、簡単にトローチについて語りました。

 

ほかにもイチゴ味があるみたいなので、子供はそっちのほうが好みかもしれませんね。

 

服用するなら1日4個までにしましょう。

 

食べやすい味があるとはいえ医薬品のひとつですので、正しい方法で服用してください!