人生のイチブとゼンブで遊ぶろぐ

世にもカオスなライフスタイル

走るバスケがスタイルの人へ。ローカットのバッシュを10年愛用し続けてきた感想を語る!

f:id:a-matsuno0503:20190219223055j:image

みなさんこんにちは。

色々なローカットのバッシュを10年愛用してきたA汰です。

バッシュといえば「バスケットボールシューズ」の略であり、バスケをプレイするスポーツマンにとっては足を守ってくれる重要なアイテムです。

イカットのどっしりとした見た目が特徴的で、通気性を考慮したメッシュ生地がシューズの所々に縫い付けられたデザインと個性溢れるカラーリングが人気を呼び、今ではファッションアイテムとしても欠かせない存在でしょう。

1990年代にはスニーカーブームの真っ只中にあったジョーダンシリーズは今でも人気が絶えないシリーズですよね。

選手がリスペクトするバスケットシューズは、ハイカットであるデザインから足首を守り、ハードな動きから足の衝撃を和らげるクッショニング性能に、軽量でなおかつ丈夫なものが定番でした。

そんなバッシュの常識を覆すデザインは僕が愛して止まないのが「ローカットモデル」なのです。

僕が記憶している範囲では、10年以上前からリーボック、ナイキ、アディダスからすでに販売されていました。

これまで大きなケガをすることもなく社会人バスケを楽しんできましたので、ローカットモデルはそれぞれのプレイスタイルによっては最適なシューズであることを語ります!

 

■ローカットモデルの特徴

f:id:a-matsuno0503:20190219224012j:image

見た目のデザインはランニングシューズに近いです。

バッシュ本来のハイカット部分がなく、くるぶしが丸見えになるのが想像できるかと。

実際に履いてみると、シューズの中はきちんと衝撃を吸収する素材が使われており、インソールはしっかりとしたクッション性が足の裏に伝わりました。

アウトソールはハイカットモデルとほぼ変わらずグリップが効く造りになっています。

もちろん、ローカットのほうが製造に使われる材料か少ないので、どのブランドのシューズも足首がフリーでランニングシューズのようにめちゃくちゃ軽いのです!

 

■こんなプレイヤーにオススメする!

バスケをしているときの下半身の動きは、

走る、止まる、跳ぶ、着地の4つの運動が多いです。

その中でも走るスタイルが得意とする人ならばストレスなく愛用できるのではないかと思います。

特にリバウンドからのスティールで短距離を全速力で突っ走るプレイでは、ローカットモデルのメリットを最大限に発揮できますよ。

バスケというスポーツは身長がすべてではないので、スピード重視のプレイヤーには是非履いてもらいたいですね!

 

■ローカットモデルでプレイする際の心得

ローカットのメリットをたくさん語りましたが、もちろんデメリットもあります。

足首がフリーになる反面、ハイカットやミドルカットのバッシュに比べると

・踏ん張りにくくなる

・足首の捻挫をしてしまうリスクがある

この2つが主なデメリットでしょうか。

個人差があるかとは思いますが、長年ローカットを愛用してきた僕の感想としましてはポストプレーが若干やりにくいように感じました。

メンタル的な要因もありまして「ローカットを履いているんだから捻挫しないようにしよう」という気持ちから、思いきったプレーができないんですよね。

僕のメンタルが弱いだけかもしれませんが。

少しでもケガのリスクを減らすために、太ももからから足首と足の指までまんべんなくストレッチをしておきましょう。

日常で下半身の筋トレも取り入れて行くとケガのリスクもグッと下がります。

 

■もし捻挫をしてしまったら

捻挫とは足首の辺りを捻ってしまうことによって、関節を支えている靭帯(じんたい)や関節包( かんせつほう)が伸びて損傷するケガです。

足首の捻挫はスポーツマンの誰もが経験したことがあるケガだと思います。

大人でも顔が歪むくらい痛いですよね。。。

もし足首を捻ってしまった場合、ただちにプレイを止めて冷し、ひどい時はRICE処置を行いましょう。

 

RICE処置とは

・安静(Rest)

・冷却(Icing)

・圧迫(Compression)

・挙上する(Elevation)

これらの頭文字を取ってできた応急処置です。

 

■まとめ

ローカットのバッシュはスタイリッシュでとてもカッコいいですよ。

ナイキ、アディダス、アシックスなどのスポーツブランドで色々な種類のシューズが存在しています。

自分のプレイスタイルと合っているかよく検討してから購入しましょう。

ただ、これからバスケを始めようとしている初心者の方は、下半身の基礎をきちんと学び、自分のプレイスタイルを理解した上でバッシュを選ぶことを強くオススメします。

それでもやっぱりNBAでもローカットを愛用している選手は多いですから、カッコいいものはカッコいいですもんね!

 

よろしければシューズ選びの記事もご覧ください!

中学から高校生向けのシューズ選び節約術!大型スポーツ販売店でお客様から絶賛された方法 - 人生のイチブとゼンブで遊ぶろぐ