人生のイチブとゼンブで遊ぶろぐ

世にもカオスなライフスタイル

大人数のスポーツサークルはぼったくり?40人規模のバスケに参加してみた

f:id:a-matsuno0503:20190204001309j:image

みなさんこんにちは、A汰です。

僕はプライベートで週に1回バスケをやっています。

今はチームに所属しているので基本的には毎週同じメンバーでやっているのですが、今日は体育館が取れなかったため予定は空白。

外は雨だし、今週は仕方なく家にいようと思っていた矢先、知り合いから「体育館でバスケやらないか?」と連絡がきました。

家でゴロゴロするくらいなら断る理由はなく、僕は参加することにしました。

いざ体育館に到着すると

 

今から何が行われるんや?

 

思わず突っ込みたくなるような大人数にシャイな僕はビックリ!

そして実際にバスケサークルに参加してみると、なかなかバスケをやっている気持ちになれない運動内容だったゆえに、とんでもない参加料を請求されたのです。

 

■バスケットボールというスポーツ

恐らく誰もが知っているスポーツではあるかと思います。

試合は1チーム5人でコートに立ち、ドリブル、パス、シュートをうまく回して得点を競うスポーツです。

ほかのチームスポーツに比べ、走る、止まる、ジャンプするなどスピーディーな展開が繰り返されるのがバスケの特徴といえるでしょう。

 

■参加人数は40人越え

なんとおよそ40人あまりが参加しており、もはやバスケットボールを楽しむ時間さえない状況でした。

なぜ40人越えの人数がいるかといいますと、代表が参加者全員を集め

「人数を把握したいので、みなさん順番に番号を言ってください」

と言いました。

最後の参加者の人が言った番号が40番でした。

途中参加の人がちらほらいたため、40人越えの人数になったのではないかと確信したのです。

想像してもらいたいのが、バスケットボールのコートの周りに40人近くの人で溢れています。

試合時間は5分で、終わるとまた別のチームが試合をするため20~30分休憩が回ってきました。

さらに、どんどん参加者が増えていき僕のチームは6人になったのです。

交代で試合に出るので、5人に調整すべくジャンケンで抜ける順番を決めました。

僕は最初にコートから抜け、2分半で交代が回ってきたので残りの2分半試合に出ました。

そしてブザーが鳴り、また20~30分の休憩です。

もう寒くて寒くてたまりませんよ。

やはり、規格外の人数でバスケをやると運動時間より休憩時間のほうが長いので、純粋にスポーツをやりたい人には難しいかもしれません。

 

■参加費用は500円

「参加費用を払った人から体育館に入ってくださーい」

参加者たちは列をつくってお金を払い、ゾロゾロと体育館に入っていきます。

「今日はバスケを楽しめなさそうだな」

なんとなく嫌な予感がしていましたが、僕を誘った知り合いから

「参加費用払ったらA汰も体育館入ってな!」

そう言われるがままに500円を売上金担当みたいな女性に渡して体育館に入りました。

 

■そして僕はぼったくりに気がついたf:id:a-matsuno0503:20190204003829j:image

ぼったくりの決定的画像はこちら↑

これは実際の体育館のホームページから拾ってきた料金表なのです。

バスケ中はあまりにも退屈だったのでちょっと調べてみました。

ご覧頂きたいところが「体育館」「全面」「土日祝」の欄が11,700円と表記されているのがお分かり頂けるでしょうか?

 

参加者40人×参加費用500円=20,000円

 

このような単純計算できますよね。

さらに途中から人数がどんどんと増えたことから、恐らくこの団体が集金したのは25,000円ほどになるのではないかと予想がつきます。

 

集金額25,000円-体育館費用11,700円=13,300円

 

では、この13,300円あまりの金額の行方はどこに行くのだろうか?

謎は深まるばかりです。

 

■まとめ

  • バスケの参加費用500円
  • 交通費600円
  • バスケで試合に参加した時間7分30秒
  • 団体が得た収益は約13,300円

 

今回の大人数スポーツ団体に参加した結果が以上です。

時間的にもう1ゲームできたとしても、数10分程度だったと思います。なので、僕は途中退席させてもらいました。

僕の知り合いは「たくさんの人に楽しんでもらいたい」らしいのですが、結局僕自身がゲームに参加した時間と払った参加費用の価値を知ってもらいたいですね。

これはほかの人にも言えることでしょうし、意見は個人差があるかもしれません。

ウォーミングアップを含めると、バスケをやった時間は30分あるか無いかくらいになるわけですが、それにしても体育館の料金以上に集金したお金を何だと思っているのかいささか疑問が残ります。

ちょっと運動してみようとネットで団体を探当てて、実際にスポーツに参加してみたら大人数の参加者に溢れて何もできなかったという経験はありませんか?

あくまで余談ですが、ネットビジネスの団体か、もしくはアムウェイ集まりである可能性もあるでしょう。