人生のイチブとゼンブで遊ぶろぐ

日記と神戸のことがブログのイチブ

アニメ版スラムダンク第35話は熱い不良の学園ドラマ!世界が終わるまでは青春が大事!

f:id:a-matsuno0503:20190129220215p:plain参照:アニメ「スラムダンク

 

 

みなさんこんにちは、A汰です。

昭和の青春バスケットボールアニメ

SLAM DUNK」は誰もが知っている有名作品ですよね。

作者の井上雄彦さんは、Bリーグの有名選手をスラムダンクのキャラ風に書き下ろしたり、スラムダンク募金を設立するなど、バスケに熱い人柄が愛されて作品も作者も未だに爆発的人気をほこります。

そんなスラムダンクは、主人公の桜木花道に加え、同じ湘北バスケ部の宮城リョータ三井寿など、すぐに手が出てしまう問題児軍団のハチャメチャな姿も見所のひとつですよね。

そんな彼らの友人といえば、やはり古くからつるんでいる不良仲間たちでした。

あくまで「青春バスケットボール作品」ですので、不良の登場人物たちはどうしても脇役となってしまっていますよね。

しかし、「不良」と聞くと一般的にはあまり良いイメージがありませんが、その脇役たちはすごく友達想いの一面もあり、時には読者を関心させるような名場面があるんです。

そこで今回はスラムダンクの非バスケ部員たちのプロフィールと友達想いが感じられる35話のレビューをしたいと思います!

 

■桜木軍団4人のプロフィールまとめ

f:id:a-matsuno0503:20190129220259p:plain参照:アニメ「スラムダンク

(左から大楠 雄二、水戸 洋平、高宮 望、野間 忠一郎)

 

【大楠 雄二】(おおくす ゆうじ)

金髪のリーゼントヘアーで桜木軍団の中では花道の次に身長が高い。

弁当を食べているシーンで、左手で箸を持っていたことから、恐らくサウスポー。

アニメでは期末テストの結果、赤点2つだった。山王戦試合終了直後、流川の肩に手を置いて親しげに声をかけていた。

 

【水戸 洋平】(みと ようへい

花道と同じ1年7組在籍のクラスメイトである。

ストーリーの中では、三井の不良グループの一人である堀田からも名の通った喧嘩屋で知られていた。

桜木軍団のリーダー的存在。

バスケに夢中の花道をからかうも温かく見守る良き理解者でもあり親友。
リョータと初めて会った際に一目でボスだと思わせるほど雰囲気は理性的。

 

【高宮 望】(たかみや のぞみ)

桜木軍団の中では一番肥満体型で背が低い。バナナが好物で、眼鏡をかけた天然パーマの丸坊主頭が特徴。

三井のバスケ部襲撃事件では、桜木軍団と共に堀田などの不良を圧倒した。

花道によくちょっかいを出し、頭突きを食らうが、試合では最も花道を応援する人物。翔陽戦の最中には2リットルのコーラを一気飲みした。

 

【野間 忠一郎】(のま ちゅういちろう)

髭を生やしており、初対面の鉄男から「ヒゲ」と呼ばれていた。

鉄男のグループに暴行を加えられたが、鉄男らが襲撃しようとしていたバスケ部の体育館の場所を最後まで吐かずに殴られるも、その後は負傷しながら軍団メンバーとともに三井率いる不良グループに立ち向かった。

 

 

三井寿の不良仲間3人のプロフィールまとめ

f:id:a-matsuno0503:20190129220351p:plain参照:アニメ「スラムダンク

【鉄男】(てつお)

アニメ初登場は23話「湘北バスケ部最後の日」

名字と学年は不明。

三井の不良仲間。

ヘルメットが嫌いで、バイクに乗る時はいつもノーヘル。

下校途中だった野間に体育館の場所を問い詰めるも、軽くあしらわれたため集団で殴りかかる。

その後は三井や不良仲間たちとともにバスケ部襲撃事件を起こした。

ストーリーに登場してからは毎回同じタンクトップにジーンズを着ており、喧嘩慣れした体格が目立つ。

不良仲間たちからは「ケンカのプロ」と称されるほど喧嘩が強い。

体育館では宮城と流川を叩きのめしたが、最終的に花道に倒された。

 

f:id:a-matsuno0503:20190129220425p:plain参照:アニメ「スラムダンク

【竜】(りゅう)

初登場は鉄男と同じく23話。

三井と共にバスケ部襲撃事件を起こした不良の一人。流川をモップで殴り出血させるが、流川に叩きのめされる。

桜木軍団登場後、大楠と戦うも流川と戦った際のダメージが残っており圧倒された。

 

f:id:a-matsuno0503:20190129220445p:plain参照:アニメ「スラムダンク

【堀田 徳男】(ほった のりお)

湘北高校3年でアニメ版と原作ともに1話から登場している。

屋上で昼寝をする流川に喧嘩を売るも、返り討ちに合う。

三井とバスケ部襲撃事件を起こした不良の一人で、三井に対しては「みっちゃん」と呼ぶほど仲の良い友達として慕っている。

バスケ部襲撃事件の際には三井に対して「またバスケ部に戻りたいんじゃないのか?」と気を利かせる一面も。

三井がバスケをしたいと告白した後、洋平らと一緒に「三井が自分たちのグループを抜けてバスケをやることに腹を立てて事件を起こした」と罪をかぶった。

湘北の試合に訪れて「炎の男 三っちゃん」と書かれた応援旗を持って三井を応援する熱い一面も見せる。

 

■アニメ版35話 男たちの熱き想いの見どころ!

第35話は湘北ベストメンバーが揃った第3試合。

その当日、試合が開始かれても会場に姿を見せない花道と三井にキャプテン赤木はイライラしていました。

寝坊して焦っていた花道は、偶然にも桜木軍団たと出くわし、近道を知っていた高宮のリードで裏路地を猛ダッシュする。

たまたま道を間違えてしまった桜木軍団は、三井と鉄男が竜率いる新たな不良仲間たちから襲撃を受けている場面に遭遇するのでした。

f:id:a-matsuno0503:20190129220548p:plain参照:アニメ「スラムダンク

スポーツマンになった三井には喧嘩に乱入させぬよう、不良たちに手を出させずと袋叩きに合う鉄男。

不良から足を洗った三井に対し、友を想う振るまいに男気を感じさせますね。

f:id:a-matsuno0503:20190129220621p:plain参照:アニメ「スラムダンク

公式戦の時間が押し寄せる中、鉄男を置いて行けずにいる三井に対して、

「じゃあな、スポーツマン」

と、見届けました。

f:id:a-matsuno0503:20190129220739p:plain参照:アニメ「スラムダンク

桜木と三井はその場を後にして、急いで試合会場へ向かいます。

f:id:a-matsuno0503:20190129220804p:plain

参照:アニメ「スラムダンク

竜にパイプで殴られ痛めつけられるも、桜木軍団に助けられてからは花道と三井を逃がして、桜木軍団との共同して戦うのでした。

社会人は一度喧嘩してしまうと修復不可能な関係になってしまいますが、一度拳を交えた不良は友達になれるのが素晴らしい!

 

■まとめ

「ごくせん」や「3年B組金八先生」のような学園ドラマには懐かしさを感じさせるエピソードです。

WANDSが歌手の「世界が終わるまでは」も、エンディング曲とはいえスラムダンクにピッタリの名曲ですよね。

Amazonプライムビデオで無料配信中(2019年1月現在)ですので、是非懐かしの名作をご覧ください!