人生のイチブとゼンブで遊ぶろぐ

世にもカオスなライフスタイル

LINEの既読無視や既読スルー!さまざまな事情を4つまとめた

こんにちは!A汰です。

今となっては連絡手段なんてほとんどの方がLINEでやりとりされているかと思います。

一昔前は、連絡先の交換とえいばメールアドレスを教え合っていたのに、世の中の時代の流れを感じますね。

便利になりつつある世の中ですが、不便な一面もありますよ。

友達同士の人間関係を左右するのが、ラインの機能である「既読」が呼び覚ますことが原因で起こりうる既読無視や既読スルーです。

自分が送ったメッセージを相手側がトークを見ることにより、「既読」マークが表示されます。

たしかにあなたのメッセージを見ましたよ!という証拠みたいな感じの機能ですね。

私が今愛用しているXPERIAスマホでは「きどく」と入力するだけで、自動変換の候補には「既読無視」と「既読スルー」が出てきました。

これらをまとめて既読放置とも言うべきなんでしょうかね。ちなみに、「既読放置」は候補に出てきませんでした。

メッセージの送り手からすると、できるだけ早い段階で返事がほしいものです。それを返事が来ないまま待たされるわけですから、よほど相手のことを理解していない限り、心にグサリグサリと精神的ダメージを受ける方も多いのではないのでしょうか。

私もよくやってしまいがちなのですが、決して悪気があって既読放置しているわけじゃないんです!って言う方もいると思います。

私も含めて周りからの情報をもとに、既読無視&既読スルーをしてしまっている人の事情をまとめてみました。

 

■単に返信がめんどくさい

無視かスルーかと言われると完全に無視ですね。というか、人間的に生理的に無理だと感じた場合の必殺技です。出会って間もない関係だったり、なんかこの人めんどくさいって思った時思われた時は早く関係を切りたいと感じますよね。男女の関係ではよくあるパターンだと思います。

 
■単に返信を後回しにしてる

スポーツの世界ではコンマ何秒の差が勝負の決め手だったりしますが、普段の生活でも仕事中でもコンマ何秒のスキマ時間ってあると思うんです。気になる人から送られてきたメッセージや、自分自身がメッセージの返事を早くもらいたい時って、やっと返事が来た!ってスマホがブーブー鳴っていると、どうしても見てしまうだけになってしまいます。だけど、返信するほどの時間と余力をもて余していないときは悪気がなくても放置してしまいますよね。

私もそうですが、一旦返事を後回しにしちゃうんですよ。

 
■返信を忘れる

そして返事を後回しにした結果、仕事や家事や育児が忙しくて忘れてしまうパターン。

故意に無視しているつもりはないのですが、メッセージを待っている人の気持ちは、無視されたのかなと不安にはなってしまいます。

 

■返信する必要性がないと思っている

例えばの話ですが、

「じゃあ寝るわ。おやすみなさい。」

とメッセージが送られてきたときは、返信する派としない派で分かれるかと思います。私の場合はしないこともあります。相手が寝るって言ってるのに、わざわざ返信して相手のスマホをブンブン鳴らすのもどうかなっていう考え方もありますしね。

相手のことを気にかけての判断もありますので、相手が会話を終わらせてくれる、もしくは切り上げてくれるような発言があれば無理に返事する必要もないし、いらないですよね。

 

■まとめ

メッセージの読み手が故意的に無視するか、うっかりスルーしてしまうかだけの違いかと思います。返事を待っている方からすれば未解決のトークになってしまいますけどね。

結局は何か大事な話や約束を交わす場合には、直接通話で話してしまうのが一番早く不安・不満を残さずやりとりできます。文章は記録に残っても自分の感情って伝わりませんからね。

とても便利でお手軽なツールだとは思いますが、くれぐれも仕事関係ではLINEでのトークに注意してください。

職場のシフトの話が未解決になったって最悪じゃないですか。

便利な物を使うのは人間であるということをお忘れなく。