人生のイチブとゼンブで遊ぶろぐ

世にもカオスなライフスタイル

コメダ珈琲のお菓子を買い集めてみた!一番オススメはコレ!

みなさんこんにちは、コメダ珈琲大好きサラリーマンのA汰です!

こーんなお菓子を買ってきました。f:id:a-matsuno0503:20181210224725j:image

 

コメダ珈琲のイメージといえば、なんといっても巨大なジョッキみたいなマグカップで飲むたっぷりアイスコーヒーでしょ!これは僕の個人的な勝手すぎるイメージなんですけどね。真冬では頼む人少なそう。。

f:id:a-matsuno0503:20181210224839j:image

あともうひとつ、コーヒーを注文したら無料で付いてくる豆菓子も定番です。実はこれ過去の写真なので、豆菓子のパッケージのデザインが違うのはお許しください。

豆菓子が無料で提供しているのは、名古屋で誕生したコメダ珈琲店の、名古屋ならではのオマケ文化から生まれたサービスなのですよ。

そんなコメダ珈琲店はテイクアウトもできるオリジナルのお菓子を販売しているんです。先ほどの豆菓子はもちろん、コーヒーと一緒に注文もできますよ。

だいたいはお店のレジ横で売っているので知っている方も多いかと思いますが、ちょっと気になったのでまとめて購入してみたので軽くレビューしちゃいます!

 

■これぞ王道!コメダの豆菓子

f:id:a-matsuno0503:20181210230429j:image

外側がパリっとしていて、中身は市販のピーナッツとはまた違う食感。しょっぱすぎない味わいが食べ始めると止まらないヒミツが隠されたお菓子です。

140円(税抜)

パッケージのサイズから見てもあきらかにサイズは小さいですし、量も少ないです。

ただ!

この量が丁度いいのです。

甘味が入ったコーヒーでも、ブラックでも両方に合ったコーヒーのおつまみなのです。

テイクアウトしたのはこっちのサイズです。小袋じゃないので少しずつ食べられるタイプですね。

 

■まん丸な形がかわいいぞ!コメダのどら焼きf:id:a-matsuno0503:20181210225657j:image

うん、誰がどう見てもどら焼き「コどら」です。

形がすごくキレイで、まさにドラえもんがいつも食べている形を再現したどら焼きですね!

↑↑少し盛って言い過ぎました。すみません。

120円(税抜)

あんこといえば、和菓子に分類されますが、あえてコーヒーのお菓子として提供しているのもコメダ珈琲の新しいアイデアなのでしょう。

つい最近まで、コメダのロゴデザインのお焦げがどら焼きの真ん中にあったのですが、いつの間にかなくなっていました。

お味はもちろんコーヒーのお供になるくらいうまいです!

このおこ焦げの部分を食べると、また違った味を楽しめたのですが、残念!お焦げは失敗ではなく珍味であるということを証明したかったです(涙)

 

■子供も食べやすいサイズ!ミニしるこサンドf:id:a-matsuno0503:20181210230148j:image

ひとつひとつが子供でも食べやすいサイズで製造されたビスケット。

ではなく!

中には北海道産のあずきを使った「しるこ飴」が入ってて、ほんのり甘さのビスケットでサンドイッチ上にされて作られているんです。

100円(税抜)

f:id:a-matsuno0503:20181210230614j:image

これまた、中身のしるこ飴が薄くコーティングされている量が絶妙なんです。食べ始めはカリっとした食感が爽快で、サクサク噛めば噛むほどしるこ飴の甘味がにじみ出てくるのです。

老若男女すべての人にオススメしたい香ばしいお茶菓子ですし、自宅でのお茶会や紅茶のおつまみなどありとあらゆるティータイムで、お1人様1袋どうぞ!

 

■まとめ

チェーン店ならではの、ついついクセになってしまう商品はいかがでしたか?

僕がこれらのお菓子をオススメする理由としては、とにかくお手頃価格であるということと、いろいろな年齢層の方々にも気に入ってもらえるクオリティだからなのです。それに、お店の雰囲気もよく、季節ごとの新メニューも毎年販売されています。お店のドアにつけられたベルがカランカラン♪って鳴るところも昭和の雰囲気が漂っており、どこか懐かしい気持ちになれます。

店舗は2017年の4月地点で、750店舗を突破しています!

是非、お近くのコメダ珈琲店で女子会やママ友の会の後に、オリジナルのお菓子をテイクアウトしてみてください!