神戸人がストレス社会で遊ぶろぐ

ただのサラリーマン日記。いかにお金をかけずに遊ぶか。

ブルーボトルコーヒー神戸カフェに行ってみた。

どうもこんにちは、A汰です。

なんとも面白いデザインのコーヒー店に行ってみました。
f:id:a-matsuno0503:20181202202744j:image

真っ先に目に入ったのが、店名通りの青いボトルがトレードマークのお店で、ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)っていう、アメリカのカリフォルニア州に本社を構えるカフェ屋さんです。

店の外には店名である「ブルーボトルコーヒー」と書かれたものが見当たらないのも、このお店の大きな特徴とも言えるでしょう。

近畿では、1号店が京都にあり2号店が僕が訪れた神戸店なのです。

全国には現在11店舗を展開しているカフェで、どの店舗も広々とした雰囲気を楽しめますよ。

Google検索に「ぶるー」と入れただけで、上位にブルーボトルコーヒーがヒットするので、大変人気があるみたいですね。

 


f:id:a-matsuno0503:20181202202813j:image

店内の壁は白で統一されており、無駄がなくシンプルな感じでした。なんというか、観葉植物とキッチンカウンター以外に何も無い感じが素晴らしいです。思わずミニマリストと呼ばれる方の部屋のようなイメージを想像してしまいしました。

お客さんもたくさんいたので、あまり写真はパシャパシャ撮れませんでしたけど。

店に入ると真っ正面には注文カウンターがあり、頭上にはメニューらしきものがあったのでさっそくコーヒーを注文しましたよ。


f:id:a-matsuno0503:20181202202840j:image

メニューは全体的にだいたい500円前後といったところでしょうか。

全部英語で書かれているところが、シンプルな店内の中にあるオシャレメニューです。

またまた写真はありませんけどレジ前まで行くと、きちんとカタカナで書かれたメニューを店員さんが親切に差し出してくれます。

 

f:id:a-matsuno0503:20181202202916j:image

今回はニューオリンズっていう、ブルーボトルコーヒーのオリジナルコーヒーをテイクアウトで頼んでみました!

もちろん専用のコーヒーカップにはブルーボトルのロゴがありました。

商品代金は先払いで、受け取りカウンターでコーヒーを渡される流れです。

ここまではスターバックスやドトールと同じなのですが、大きく違うサービスがあります。

まず、お支払い時に名前を伝えると、コーヒーが出来上がった際に、「◯◯様お待たせ致しました。ニューオリンズです!」と、元気よく名前を呼んでコーヒーを渡してくれるのです!

このニューオリンズは元々甘味が入っており、誰にでも飲めるような丁度良いほのぼのとした味わいでした。


f:id:a-matsuno0503:20181202202937j:image

カフェ以外にも、ブルーボトルコーヒーのさまざまなグッズを販売していました。どうやら楽天市場にもネットショップを展開しているようです。


f:id:a-matsuno0503:20181202203024j:image

今回は店内がお客さんで賑わっていたので、テイクアウトしましたけど、外で飲むニューオリンズは最高でした!