神戸人がストレス社会で遊ぶろぐ

ただのサラリーマン日記。いかにお金をかけずに遊ぶか。

通勤特急らくラクはりまと新快速を比べてみた!通勤も平日の旅行も快適!

どうもこんにちは、A汰です。

なんとですね!

2019年の春ごろから、平日限定で神戸と姫路と大阪の間が通勤ラクラクになっちゃいます。

というのがですね、JR西日本が2018年11月30日に、神戸線の姫路駅から大阪駅で、平日の通勤特急を走らせるということが決まったそうなんです。

もちろんのこと、女性専用車両もきちんと用意されています。

電車の名前は「らくラクはりま」。

朝の通勤ラッシュの時間帯で姫路から大阪行きで、1本と夕方の帰宅ラッシュ時に今度は大阪から姫路行き1本を設定されました。

 

■新快速と比べてみた

姫路から出発したとして、新快速の停車駅は、姫路、加古川、西明石、明石、神戸、三ノ宮、芦屋、尼崎、大阪です。

通勤特急は尼崎と芦屋を通過しますから、三ノ宮の次が大阪になりますね。

姫路から三ノ宮までは約40分かかります。停車駅が同じなわけですから、おそらく所要時間はそんなに変わらないかと思います。

新快速に乗って姫路から大阪まで行く場合の所要時間は約1時間かかります。

三ノ宮から芦屋までは8分。

芦屋から尼崎までは7分。

尼崎から大阪までは5分。

通勤特急でどれだけ時間が短縮されるのかが気になるところなんです。

もうひとつ気になるところは、朝と夕方に1本ずつしか走らないというところです。

 

ポイントは、朝と夕方しか走らない通勤特急にどれだけのメリットがあるか、新快速よりどれだけ通勤時間の短縮になるかですね。