神戸人がストレス社会で遊ぶろぐ

ただのサラリーマン日記。いかにお金をかけずに遊ぶか。

30代になったサラリーマンが心掛けるべきこと

どうもこんにちは、A汰です。

気がつけば僕はもうアラサーへ突入し、社会人になって10年が経ちました。若かれしあの頃は、年上の方々から「20代なんてあっという間だよ!」なんて言われていたのが懐かしく感じます。

それと同時に、20代で社会人になった自分は本当に生意気でした。会社に入社した初めのうちは緊張して右も左もわからなかったのに、仕事を少しずつ吸収していくうちに口も滑りやすくなり、自分より後に入社した人間に上から物を言ったりなど、人間として本当に恥ずかしい場面を多々思い出します。

自分のこれまでの失態も失敗も失言も引っくるめて、年を重ねるごとに老若男女さまざまな人に出会い、それに伴って言葉遣い・態度・対応を改善しないといけないことを学びました。

そして、アラサーサラリーマンになってそれ自体が僕にとって大切な経験となりキャリアとなりました。

これまでの僕の経験をふまえて、30代から会社で心掛けてやっていくべき考え方をご紹介します。

 

■ささいなことでも「ありがとう」と誰にでも言う

30歳を過ぎると、社内の人からはどれだけ誠実で紳士な人間であるかが見られるちゃうんです。20代だと「仕方ない奴だな」で済まされていたことがなくなるんですよね。もし、ヘマをやらかしてしまった場合「いい歳なんだからしっかりしろよ」みたいな若干呆れ気味に見られやすいんです。

そんな自分自身の見られ方を少しでも軽減するためではないのですが、誰に対しても堂々と感謝の気持ちを伝えられる人間であり続ければ、周りの人の目は結構優しくなりますよ。

 

■誰に対しても腰が低い対応ができる

腰が低いという意味は、誰に対しても謙虚な姿勢で愛想が良い人であることなんです。

例えば部下や後輩に対して、仕事の指示を出す時に「これ○○までにやっといて」と言うのと、「これ○○までが期限なんだけど、お願いしていいかい?」という言葉使いの違いです。上から目線で命令口調になるのと、そっと下から相手の状況を伺うような感じでお願いするのとでは、受け止められ方が全く違うのです。

あまりにも低姿勢だと、ナメられたり怪しく思われる原因になるので、無理せず自然体で柔らかい口調で話せるのが一番ですね。

 

■気合いや根性で強がらない

どれだけ優秀で仕事ができる良い人でも、自給自足でサバイバル生活ができる人を除いて、人は一人では生きていけません。

エリート社員だらけの企業がポツンとあるだけではお給料って出ないじゃないですか。お客様や消費者がいて会社に利益をもたらしてくれるからサラリーマンのお給料があるのです。

単に体育会系で仕事に熱意を持つのはまだしも、業務の量や質は根性論ではどうにもなりませんし、個人の力なんて本当にちっぽけなものだと割り切ってしまうと気持ちが楽になります。

決して後輩や部下の前で強がらず、自分が手に負えない時や困った時は遠慮せず思い切って頼ってしまえばいいのです。

 

■相手の話にしっかりと耳を傾ける

僕の経験だと、これが一番重要かと思います。相手が自分に対して真剣に何かを伝えようとしてるとき、どのような対応をしているかどうかなんです。何かをやっていても一旦手を止めて相手の話を真剣に聞くだけです。それだけなんです。本当にダメなパターンは、「今忙しいから」とか「あとにして」と言って軽く断ったつもりでも、相手はとても寂しい気持ちになるんです。どれだけ忙しくても、相手の話を聞くだけで「あの人は自分の話を聞いてくれるし、興味を持ってくれるんだ」と逆に自分に興味を持ってくれるので、ついつい話しかけたくなる人っていう印象の持ち主になれるんです。たったこれだけのことなのにって思われるかもしれませんが、自分の話を「うんうん」と聞いてくれる人って愛想が良い人に見られるわけです。聞き上手な人は「徳」をするのです。

 

■まとめ

人は完璧でエリートでなくてもいいと思います。仕事がデキる人というのは、思いやりがあって謙虚な人で共通しています。そもそも仕事がデキる人というものには基準はありません。30代に突入すると特に職場からは人間性が見られてしまうので、とにかく素直が一番ですね。