神戸人がストレス社会で遊ぶろぐ

遊び第一、お金第二、仕事第三

上司と部下に挟まれてうんざり!1人で仕事をしたいなら物流がオススメ

こんにちは、A汰です。

上司との人間関係に悩み、思うように動いてくれない部下の責任を負う毎日ってしんどいですよね。

僕も経験があるのですが、なんだかんだで社会は人間関係が一番難しいと思います。

一般的な会社って上司と部下に挟まれる立場はいずれ訪れるじゃないですか。

定年だろうが一身上の都合だろうが退職する人がいて入社する人がいて、世代交代が繰り返されるのが会社です。

こんなにストレスが襲いかかるくらいなら人の視線を感じることなく、一定の給料で1人で自分のペースで働きたい。

そんな人には、運送業でドライバーになることをオススメしたいです!

僕も物流関係の仕事柄、ドライバーさんと話すことが多いので、良い話やバッドな話まで紹介したいと致します!

 

1.1人で仕事に打ち込める

ドライバーさんが皆、口を揃えて言うメリットが誰にも邪魔されず、ひたすら1人で仕事ができるということ。誰からも監視されていませんし、他人の面倒を見る必要もないですからね。安全に荷物を運んでいれば自分を責める人はいないので、かなり気持ちが楽だそうです。

 

2.色々な人と知り合える

僕が勤めている所は、そこそこ大手の会社の物流部門です。敷地も広く、大型トラックや中型トラックが毎日行き交う営業所なんです。ドライバーさんが荷物の積み込みに手間取っていると、他のドライバーさんが手伝いにきて、気がつけばみんなで一緒に缶コーヒーを飲みながら話をするのが楽しいです。和気あいあいとした感じで色々な人と仲良くなれます。

 

3.転職のチャンスが増える

いざ運送業でドライバーになったものの、待遇が悪かったり、かなりブラックな会社だった!なんてことはよくある話です。そんな時って転職という文字が頭に浮かびますよね。ここで他のドライバーさんと仲良くなっていれば、自分の会社に引っ張ってもらえるんです。今の日本では、ドライバーさんってかなり不足しているので、免許さえ持っていれば簡単に就職できちゃいます。

 

まとめ

やっぱりデメリットもありますよ。交通事故を起こさないように細心の注意が必要ですし、重い荷物を扱ったりすることもあるので労災のリスクは高いです。

長距離のドライバーさんなら何時間も運転することを考えると、なかなかハードな仕事なわけですからね。

交通渋滞に巻き込まれると、客先からはクレームが入りますし本当に理不尽で大変だと思います。

それでも1人でできる仕事であることは最大のメリットなんです。

そこそこの年齢になって子供も手がかからなくなった、ある程度の給料をもらえて1人で仕事がしたいとき、運送業にトライしてみるのもいかがでしょうか?