神戸人がストレス社会で遊ぶろぐ

遊び第一、お金第二、仕事第三

生意気という言葉を使う人に注意

こんにちは、A汰です。

長らく神戸でサラリーマンをしている僕が、それってノーマルにありがた迷惑じゃないの?って思った話をさせてください。

 

僕はちょうど1年前に今の職場へ異動してきました。なかなか昭和の縦社会の雰囲気が漂う部署で、好き嫌いの激しいオジサマが多い。新しい社員ほど、嫌われる(干される)と非常にめんどうなんです。

当然右も左も分からない僕に、最初に業務を教えてくれたのがCさんだった。どちらかというと無口な方で、自分がバタバタしていると、手がつけれていない業務を無言で進めてくれる。背中で語るような人ですわ。

いつの日からだろう。

Cさんを見かけなくなりました。

会社には出社しているのですが、自分がバタバタしてても見にきてくれなくなったんです。

もちろんCさんも自分の仕事があるだろうし、手伝ってもらうことが当たり前になっても僕自身の考えが甘いだけだと思って僕は割り切りました。

ある日、僕は職場のおっちゃんに呼び出されました。

おっちゃん「A汰君、C君は筋違いな行動しとるから自分の持ち場に専念させるわ。」

A汰「わかりました。なんか申し訳ないです。」

おっちゃん「謝らんでええよ。C君は自分の仕事放置して手伝いにきてたみたいでな。一緒にやってる他の人がだいぶ迷惑しとるんやわ。」

A汰「そうだったんですか。。」

おっちゃん「そうやで。飲みに行ったりご飯まで連れて行ってもらってるのにな。別の人の手伝いするんやったら、きちんと声かけるか自分の仕事終わらせてから行くとかするべきやわ。生意気な態度は取ったらあかん。」

 

僕は少し引っ掛かる部分があります。

たしかに、自分の班が担当してる仕事を放置して別の班の後輩を手伝いに行くのは筋違いです。

ただ、飲みに連れて行ってやってるのに生意気っていう風にも聞こえたので、それも筋違いじゃないかと僕は思う。

縦社会のあなた方は飲みに誘って断られたら何かと理由つけて干すんでしょ?

縦社会のあなた方より後に入社した方は干されると自分自身が居づらくなるから仕方なく誘いに乗ってるんですよ?

なのに、飲みに連れてってやってるのに生意気とか、本当にありがた迷惑です。

そもそも「生意気」ってう言葉自体が幼稚であり、有利な立場を利用して上から圧力をかけるような言葉であると思う。

たしか日本ボクシング連盟の山根会長も村田諒太のツイートに対して「生意気」と言っていました。

ありがた迷惑な縦社会は勘弁してほしいものです。

生意気っていう言葉を連呼する人には注意しましょうね。